上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
つぶやき | 2006/10/31(火) 00:26
プルルルル~
「お~!もしもし」
「フミトモさんですか」

半年ぶりに電話をしてきたのは昔の職場の部下だった。
彼は部下といっても色々と思い入れがある部下だ。
それは僕が部下を持った第1号の男性の部下であり、能力的にも僕より上の部下だった。能力的にもというのは、彼は絶対的なある資格を持っていたから、行く行くは僕を越えていく存在なのだろうと心のすみで思っていた。だからと言って敵対心を持っていたわけでもなく、逆にお互いがお互いのスキルを学ぶことが出来ればと思っていた。そしてそれをそのまま彼には伝えていた。また「僕を追い越すチャンスがあればいつでも追い越せ、なんなら僕の上に立ってもいいよ。」とも言っていた。後で聞いた話だが、その言葉が逆に絶対的な自信があるから言える言葉なのだと思っていたらしい。(まあ、少しはそれもあったけど・・)
今思えば彼が仕事で絶対に起してはならないミスをした時、僕が本気で怒って泣かしたこともあった。いい歳して男が泣くのだから相当、思うところがあったのだと思う。そんな彼とも僕の転職により、元部下・元上司の関係になってしまった。でも彼にはどんなに忙しくとも必ず年に2回は連絡をしている。社会人になって最初の部下だったから、どうしても半年くらい時が経つと、あいつ元気にやってるかな~と心配になってしまう。「もしもし!フミトモです。元気にやってるか?」と連絡をして、色々と愚痴を聞いている。ただ、数年前はこれが逆だった。数年前と言えば僕が突然職を失った時期。この時ばかりは、さすがに電話をする気力がなかった。その時期は頻繁に彼から連絡をしてきては心配をしてくれたものだ。そんな良い関係が今でも続いている彼から毎度のごとく電話があり6か月分の積もる愚痴や話を聞いていた。その中で彼は「今の仕事が天職だと思っている」と僕に告げた。「それは良いことだよな!」と素直に僕も喜んだ。しかし彼が「フミトモさんのポストが空いたからそう思えるのです」と僕に告げた。要するに僕が転職しなければ僕がやっていたポストの仕事はまわってこなかったということ。僕は天職と思っていなかったので全くこだわりがなかったけど、彼にとっては楽しくて仕方がない仕事(ポスト)だったのだ。僕の転職により彼は天職を得て、僕は転職により新たな世界へ行った。本当に良かったと思う。急成長している彼と話していると少し嬉しくなってしまう。
スポンサーサイト
コメント (2) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
syasin-1a.jpg


ぶんぶく堂の馬鹿でかいチャーシューが乗っている
ばかしぼりチャーシューっていったかな・・
なんかそんな名前のラーメンを食べました。

麺も細くて、スープもなかなか美味かったのですが、なぜかもう一回食べようという気にはならなかった。チャーシューは器からはみ出るくらいのデカイチャーシューで美味かったんだけど
値段が900円ってのはちょっと高いような気がしました。
価格のことを考えなければ10点中、8.5点くらいの高得点ですのでお金に余裕があればOKなんですけどね・・
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
今日は午後から岡山市の足守というところに行ってきました。
目的は

アイス

ジェラートやソフトクリームが美味しいと人気の

なんとか牧場に行ってきました。(名前ド忘れ)
店の写真は撮ったのにかんじんのジェラートの
写真を撮り忘れてしまいました。
まあ、それくらい美味かったということです。

20061028145359.jpg


なぜか馬がいたので、たわむれました。

20061028145930.jpg


その後は総社へ向かい備中国分寺へ行って五重の塔を観てきました。


20061028153013.jpg

コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
つぶやき | 2006/10/28(土) 11:50
今日明日と久しぶりの2連休。
いつもなら13時ごろまで爆睡していますが、今日は珍しく
10時半に起床しました。岡山は良い天気です。今日はお昼から
ちょっくらお出かけしてきます。
それからマル氏のところから拾ってきた恋愛頭脳たるものをやってみました。結果はさんざん無茶言われておりますわ・・・
この手のものは久しぶりにやったので、なかなか楽しめました。
では、そろそろお出かけの準備でもします。
コメント (1) | トラックバック (1)
コミュニティ検索 »
つぶやき | 2006/10/26(木) 22:38
ネットラジオでもよく話題にする「きっこのブログ」を久しぶりに、じっくり読んでいたら、イーホームズの記事に釘付けになってしまいました。確かにTVで殆ど見ませんし、新聞でも見ません。しかし
ユーチューブにあがっている藤田社長の映像や、きっこのブログに来ている藤田社長からのメールを見ていると、お偉方の圧力というもので真実がねじまげられていることに恐怖すら感じました。やっぱり報道なんて信じられないね・・・
でも今回のことだけではないんですよね。
今の今まで、ず~っとこんな事がいろんな事件の裏側には潜んでいたのかと思うと、テレビに向かって「ふざけんなよ!このタコ!!!」とか言ってたものが実は真実を捻じ曲げられて作られた嘘だったってことが沢山あるんだろうな。

おっと!

夜食をこれから食べるので失礼・・・
つぶやき | 2006/10/25(水) 00:47
失神ゲームで怪我というニュースが掲載されていた。
数年前から子供の間で流行っていたみたいだ。
ようは身体の一部を押さえるなどして意識が
ふら~~とするやつ。
おちるということかな。
今回の掲載されていたニュースは、トイレに呼び出した子に
深呼吸をしろと言って、胸を強打していたみたいだけど
いずれにせよ、しょ~もない遊びすんなよ・・・
今日はいろいろと忙しかったので、とっとと寝ますzzzzz・・・
コメント (2) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
つぶやき | 2006/10/23(月) 23:27
人の寿命ってのは、それぞれが持って生まれたもので、どうこう出来るものではないけど、生まれる国によっても左右されるのだなと、今日もヤフーの記事見てて思った。

【以下引用】
北朝鮮の平均寿命は
64.5歳、男性が61.7歳、女性が67.5歳だった。これは、
イラクの61.0歳(男性59.5歳、女性62.5歳)を除くと、
アジアで最も低い。食糧難と医療・保険システムの未整備な
どが原因と分析される。

で、ちなみに日本は男女平均が82歳、男性は78歳で女性は85歳。
約20歳近くの差が日本とは生じています。
ろくな物が食べれず、病気になっても満足のいく医療設備がなければ日本でも同じような数値が出ていた事でしょう。
今の日本は食べ物に困ることはなく、病気になれば殆どの場合が治療可能でしょう。長寿大国日本!素晴らしい国に生まれていることをもっと感じなければいけないと思いつつも、「どう見ても身体に悪いだろ!」というようなプリングルスやマクドをバクバク食って酒飲んで、「来週からこそジョギングするぞ!」と思っては出来ないフミトモ・・
日本の平均寿命を下げてしまうかも・・・

で、話は変って僕の後ろのTVでニュースが流れています・・・

ソフトバンクがソフトバンク同士だと

通話もメールも無料だって!

そう来ると思っていました。

ソフトバンクは普通電話(BBフォン)も携帯も無料ってことか~。
やってくれますね。ただ、つながりにくいとか
途中で切れるとかの現象が考えられるので様子見たほうがいいかも。
明日からのポータビリ制度ってやつ(番号移行できるやつ)で
ドコモなんか社長がじきじきにビラ配ってた映像が出てたけど
そんな時だけ出てきてもムカつくだけじゃ!!
ドコモは高すぎ!

それからやっとラジオの編集が土曜日に終ったので宜しければ
こちらからどうぞ。



コメント (2) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
おでかけ | 2006/10/22(日) 23:00
saru


秋と言えば、食欲の秋、●欲の秋、そして紅葉の秋。今日は神庭の滝にぶらっと行ってきました。が・・紅葉にはまだ早かったです・・
今年はなんだか暖かいから11月中旬以降でないと紅葉がみれないのかもしれないな。でも、神庭の滝に生息している自然のサル達は見る事ができました。200匹近い野生のサルが係員のおっちゃんの
「オーーーイ」という掛け声とともに山から下りてきます。
そこで一匹のサルを写そうとしたら、目が合って
「キーーーーー!!」と威嚇してきました。
神庭の滝は300円で入場できて野性のサルと遊べて
ドデカイ滝も見れてなかなか面白かったです。
つぶやき | 2006/10/20(金) 01:18
今日は本題に入る前に
はあああーーーーー
というニュースが飛びこんできました。
ヤフー見てたら
「JRAがディープ薬物問題で緊急会見」
だって??
意味がわからん~!
「今回の薬物は国内禁止リストにないため、国内での出走は可能だ
が、凱旋門賞は失格の可能性もある」
とのこと・・・(「  」はヤフーからの引用)
これだけしか書かれていなかったので詳細が解らないが
なんか嫌なニュースだ・・・

嫌なニュースと言えば、最近は学校といじめのことをよく目にする。
これもヤフーからの引用だけど、こんな記事があった。

福岡県筑前町立三輪中学校2年の男子生徒(13)のいじめ自殺問題で、
同校が全校生徒を対象にしたアンケートに対し、
生徒らから「自分も先生からいじめを受けた」「学校が信じられない」
などとする回答があったことが19日、分かった。
 自殺した生徒の母親(36)によると、学校側は自宅を訪れた際、16日
に無記名で行ったアンケートの全生徒分の回答用紙を持参した。
 回答には「自分も別の先生からいじめを受けた」「体罰、暴力がある」
「先生の好き嫌いによって差別された」「学校が信じられない」「誰を信
じていいか分からない」など、学校への不信感が数多く書かれていた。
 中には「学校はうそをつかないで、きちんと遺族に話してほしい」と、
自殺の真相解明を望む声もあったという。 

という記事だ。



僕が学生のころも似たようなことは沢山あったな・・・

小学校1,2年の時の担任、女教師は
忘れ物をした、授業中にあてられて問題が答えられない等々で
なが~い、木製の”ものさし”を振りかぶり、フルパワーで生徒の頭をぶん殴っていた。しかも”ものさし”を縦向きにしての情け無用の

唐竹割り!!

今考えれば、まだ身体も出来上がっていない、お子ちゃまだぞ・・
血~出てた奴もいたしな。

小学校の3,4年の時の担任は、これも女教師だったが
こいつは女性をひいきすることで有名だったティーチャー。
どう考えてもこいつ(女)が悪いということでも、女VS男なら
女の勝利。訳の解らない理由で男子がビンタされる。
「歯を食いしばれ!!!」
「バシッ!!」
って、よく殴られたものだ。

オーラスの5,6年生の時の担任、これまた女教師。
と言っても、かなりのオバン。役職は学年主任。
こいつが一番たちが悪かった。こいつは”頭いい子ひいき”。
成績がいい子は何をやっても”ベタ褒め”。
何をするにも”頭いい子”から。
学習発表会の主役なんか絶対的に”頭いい子”。
そして教室の席順なんか酷いものだったよ。
確か4人が1つの班になるように並べられていたんやけど
メンツ見たら「頭いい子班」、「ちょっと劣るけどお気に入り班」
「普通班」、「バカ班」、「どうでもいい子班」こんな構成やったは。
給食の時間になると、毎日このアホ教師は
「頭いい子班」と「ちょっと劣るけどお気に入り班」と一緒に給食を食べる。今日はこっち、明日はこっちと言うように、行ったり来たりして普通班以下の所に来ることはない。リアルに女王の教室だったな。
しかも驚くのは頭がいい子でも成績が下がっていくと
酷い扱いをされ班も移動されてしまう。ひでーよなー。
会社組織だぜ!!
でも不思議なことに、このころは親が今みたいに出て来なかったんだよ。先生のことは絶対的なものがあったような気がするな。
体罰なんか当たり前にあったし、教師からのいじめ的なことも沢山あった。もちろん同級生同士でのいじめもあった。そんな時、先生に好かれていなかったら相手にもされない。環境や時代の変化、親の世代が変ったこと等で不祥事が公にさらされる時代になったことは良いと思う。
昔なら絶対に問題にもされてなかったことも沢山あった。
学校の教師が生徒のいじめに参加して
「確かにからかいやすい部分はあった」などどいう頭がイカレタ
キチガイ教師は昔からいた。それを今まで隠して来たのか、問題にも
していなかったのかは解らないが、子供を預かり教育していく人間が
集っている学校が原因で自殺とは酷い話だ。
っていうか、イカレ教師の顔をさらせ~!!
ボカシなんか必要ねーだろ!
一生かけてつぐなっていくだと!?
どうせ、てめーは3度の飯食えて、雨風しのげる家もあって
お金も使って遊べるんだろ!それをつぐなうとは言わねーんだよ。
このターコー!!!

今日はこのくらいで・・・

コメント (2) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
つぶやき | 2006/10/18(水) 23:56
ブログをはじめることにしました。
男三十路というブログです。
三十路男でもよかったんだけど・・
まあ、どちらでもいいか。
三十路と言っても31なんですけど・・・

まあ、30という年齢は男でも女でも
気になる歳で事実、僕も1つの区切りに
なっていました。30歳まではやりたい
ことをやりまくると。
遊びまくっていた時期もあったし
必死で会社も造ったし、作家にもなったし。
そう、お金持ちになることを夢見て
たんですね。やろう!なろう!と
思ったものは、ほぼ全てやったし
なれた。でもお金持ちにはなれませ
んでした。(まあ、そんなに甘くはない)
沢山のことを学んだ反面、沢山のものも失った。
何かを得ようとすれば必ずそれに相当する何かが
失われる危険があるとは、よく言ったものだ。
そう言ったことも総括してみて30という年齢を
1つの区切りとしたのは正解だったのかと今でも思う。
数年前にあるIT会社の社長の講演会でこんなことを
聞いた。「私は30歳を1つの区切りにしました。
なぜかと言うと、まず体力の低下そして家族を
持っている可能性、そして就職難」
僕はこの話を聞いて諦め・引き際、いわゆる区切りと
言うものがどれだけ大切なのかを自分なりに考えた。
そして僕も30歳までは自由に悔いの無い、後悔しない
人生をおくろうと決めた。
ただ、うまくいかなかったから
それ相当の苦悩が襲ってきたけどね。
まあ、そんなこんなで三十路をむかえて今に至っているけど
今はのんびりとネットラジオを31にもなって
はじめたり、食に熱中したりと数年前とは違い
のんびりとした毎日を送っています。
このブログでは書きたいことを書きまくって
いきたいと思いますので宜しくです。


プロフィール
 

金魔轟

Author:金魔轟
40歳を過ぎ四十路生活に入りました。いつまでも若々しくいる為に常に趣味を持とうと思っている今日この頃。
(リンクフリーです)

最近の記事
 
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。