上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コミュニティ検索 »
つぶやき | 2010/07/28(水) 18:00
たくさん本を買い込んで、暇を見ては読んでます。
ゆうか、自分で書いてると暇ねぇんだよな…(泣)
さて、天祢先生のデビュー作、キョウカンカクに続く二冊目。
闇ツキチルドレン。
表紙見たときはビックリしました。
今回はちょっと、前半部分が退屈したけど、読み終わってみると、おもろかった。


闇ツキチルドレン (講談社ノベルス)闇ツキチルドレン (講談社ノベルス)
(2010/07/07)
天祢 涼

商品詳細を見る
スポンサーサイト
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
つぶやき | 2010/07/27(火) 22:42
暑い日が続いとりますね。
最近、ひとまわりも年齢が違う会社の新人と趣味の話しをよくします。
超が三回くらい付く、おとなしい女性なんでコミュニケーションに困っておりました……。

しかし読書が趣味ということで、「趣味同じじゃん!」
この一言で、おっさんとも話が続くようになりました。
そんな新人が勧めてくれた本が、乙一の「夏と花火と私の死体」
これ、当時16か17歳だった乙一が書いたデビュー作。
サスペンス調の物語で、視点が死体の一人称。
すっげー、の一言です。


夏と花火と私の死体 (集英社文庫)夏と花火と私の死体 (集英社文庫)
(2000/05/19)
乙一

商品詳細を見る


コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
いやいや、忙しい連休だった……。

そんな中、ボイルドエッグズ新人賞受賞作の「オカルトゼネコン富田林組」を読みました。
リーマン・ショック小説という、新しいジャンル??
とは言え、読み始め……なんじゃこりゃ?
マジでこれが賞取った作品? って思ってしまうほど文章に違和感を覚えました。

しかし読み終えると、まあまあオモロかったです。笑いのツボは同じかも……。
楽に読める作品です。小難しいのが嫌いで、時間の無い人にはお勧めかな。

オカルトゼネコン富田林組オカルトゼネコン富田林組
(2010/03)
蒲原 二郎

商品詳細を見る
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
つぶやき | 2010/07/06(火) 20:17

今更ながら、吉川英治新人文学賞・日本推理作家協会賞のダブル受賞に輝いた「ジョーカーゲーム」読みました。

スパイ養成学校""D機関""。常人離れした12人の精鋭。彼らを率いるカリスマ結城中佐の悪魔的な魅力。小説の醍醐味を存分に詰め込んだ傑作スパイ・ミステリー。

アマゾンの引用文はこんな感じ。
緊張感があり、スラスラと読めてよかった。

続編のダブルジョーカーや、あとなんやかんやと、たくさんの本を買い込んでるけど
読む時間がなかなかないんだよな……。
一週間くらい、何も考えずに読書にふけてみたい……。

ジョーカー・ゲームジョーカー・ゲーム
(2008/08/29)
柳 広司

商品詳細を見る


自分自身は、今年に入って二作目を執筆中――。
八月には完成するかな……。
前作の結果も、恐らくその頃にわかるんだよな……。
まあ、気長にがんばります~。
最近睡眠とってないから眠いわ……。
コメント (0) | トラックバック (0)
コミュニティ検索 »
プロフィール
 

金魔轟

Author:金魔轟
40歳を過ぎ四十路生活に入りました。いつまでも若々しくいる為に常に趣味を持とうと思っている今日この頃。
(リンクフリーです)

最近の記事
 
ブロとも申請フォーム
 
ブログ内検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。